マネジメントオブザベーション(MO)

生産性向上とマネジメントオブザベーション(MO)

新型コロナウィルスへの対応として、リモートワーク(在宅勤務等)が広がっています。働き方改革の流れの中、単なる価値観の変化に留まらず、生産性の向上につながることが期待されています。

一方、これまでお伝えしてきたとおり、安全文化が実装された米国の原子力発電所では、既に、週休3日を実現しています。

我が国において、週休3日を実現しようとするならば、生産性をなお一層向上させなければなりません。

一般に、生産性は以下の式で表すことができます(経済産業省「経営改善計画」より)。

生産性=付加価値額/従業員数

ここで、付加価値額とは「営業利益+減価償却費+人件費」とされていますので、数式上、「安全性の向上」というキーワードは見えませんが、分子には「減価償却費」と「人件費」が含まれています。生産性を向上させる様々な改善活動に際しても、ここに注意が必要です。

米国の原子力施設においては、生産性の向上を行うためのマネジメントとして、確率論的評価(リスクマネジメント)を取り入れた安全性の向上を行っています。安全性の向上を行えば行うほど、生産性が向上するというイメージです。

リスクマネジメントを一言で言うと「重要度に応じたマネジメントを行うこと」となります。「全てが重要だとすれば、それは重要なことが一つもないのと同じこと」です。有限な時間、有限なリソースという制約条件は決して避けては通れませんので、至極あたりまえのマネジメントなのです。

ISO9001に示される品質保証の基本的な考え方も「重要度に応じたマネジメント」を行うことですし、IAEAに示される安全文化の定義も、マネジメントオブザベーション(MO)も然りです。

原子力災害に限らず、重大災害の多くは、想定外に起こります。この観点からも、リスクマネジメント(想定外を想定すること)は重要です。

これを生産性の式にあてはめて考えると、「減価償却費」と「人件費」に関する重要度のバランスが大切だということになります。

安全性の向上を「安全対策工事」一辺倒で行ってしまっては元も子もありません。あくまで、「設備」と「人」のバランスが大切です。

だからこそ、マネジメントオブザベーション(MO)による人材育成も大切だとされているのです。

 

ご安全に。

 

 

コメントを残す

*